スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム旅行記その2

すっかり涼しくなって過ごしやすいというか風邪をひいた石橋(gt)です。
こんばんわ。

つれづれ旅行記のつづきです。
ちなみに写真はfacebookにアップしてあります。
※こちらから


正体不明な詐欺師と戯れた翌日。
1日かけてホーチミンを歩いて回る。

いかにもアジアの都心って感じだが、
いかんせんバイクが多い。
原付に2人~4人乗りはあたりまえ。
しかも歩行者用の信号はほとんどないので、
めちゃくちゃな交通量の車道を横切るしかない。
これはスリル…というより単純に怖い。
失禁しながら街を散策する。

街の雰囲気は六本木と原宿を足して泥臭く割った印象だ。
お店を冷やかしながら歩いてるだけでも楽しいが、
買い物に興味がない自分には少し物足りない。
道を歩けば観光客狙いの客引きが、重なりあって声をかけてくる。
顔だけでは国籍が判断がつかないらしく、
ニーハオ!→アニョハセヨ!→コンニチワ!
とめまぐるしく挨拶が変わる。
日本語の挨拶で少し笑ってしまうと、
「オー、ニポンね!」となかなか達者な日本語で商売をしてくる。
疲れるがなかなか面白い。

小腹が空くとやはりフォーを食べたくなる。
適当な店でカタコトで注文すると、
皿に山盛りの香菜と一緒にフォーが登場する。
香菜は4-5種類あり、周りを見るとお好みでちぎって入れるらしい。
日頃の野菜不足を補うため、親の仇のごとくちぎっては投げ、ちぎっては投げ入れる。
仕上げにライムを絞るともうたまらない。
ラーメンよろしくズルズルいきたいが、ベトナムではレンゲで食べるのがマナー(事前学習)。
逸る気持ちを抑えつつ、上品にいただく。
ニョクマムの塩気が残暑で堪えた体にしみ込んでいく。
これで100円~200円程度。
ただ米の麺のフォーは非常に腹持ちが悪く、
3時間もするとまた食堂を求めさまようはめになる。

ぶらぶらしていると巨大な教会に遭遇する。
かの有名なサイゴン大教会だ。ちょうどミサの時間らしい。
入り口のお姉さんからパンフレットをもらって中に入る。

church1.jpg

薄暗い教会内部ではかなりの人数が司祭の話に耳を傾けていた。
街の喧噪に少し疲れていたのでしばらくミサを眺めてみた。

正面に見えるキリスト像は光に照らされ、
語りの間に荘厳なオルガンと歌声が響く。
シンプルで堂々としたコード進行。
複雑に重なり合うコーラス。
一瞬、音響的に体が包まれる錯覚を覚える。
無宗教な自分だが、何かを信じたい気持ちが分かるような気がしてくる。
(外国で孤立無援という状況もあるのだろうけど)
簡単に諦めすがりつく姿勢はどうかと思うが、
一心に祈る人間は美しい。
それは己が弱さを認める美徳からだろうか。

1日歩き回って、ホーチミン中心部の土地勘を養い宿に戻った。
明日はいよいよ世界遺産の街ホイアンに向かう。

たぶんつづく





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toconoma

Author:toconoma
toconoma official site
(Pf.)西川隆太郎
(Dr.)清水郁哉
(Ba.)矢向怜
(Gt.)石橋光太郎

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。