スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イマジンオールザピーポー

春の夜更けにこんばんは。
相変わらずの腰痛で、オスとしての自信を失いかけている石橋(ギター)です。
元気ですか?そうですか。

ここ最近、2ちゃんまとめやフェス情報サイトに紹介された事で、
PVの再生回数があげぽよ状態です。
yahooのリアルタイム検索でエゴサーチすると、
毎日だれかしらがtoconomaについてつぶやいてくれてます。
アルバム発売当初は誰もツイートとかしてなかったのに…
ほんとに無名だったというか、いまでもフツーの人(社畜)ですが…圧倒的感謝です。
でも2ちゃんで叩かれるのはやっぱり怖いです。

「これ、ジャンルJAZZじゃなくね…?」と。

すいません、JAZZ弾けません。
どちらかというとJ-POPが好きです。
中学2年生の時は桜井和寿風ヘヤースタイルでした。

とか言っときながら、僕ら歌が無い「インストバンド」なんですけど、
意外と世間様ってインストバンドの存在を知らないのね。
初対面の人に、

「どんなバンドやってるんですか??」

って聞かれて、まず歌が無くて〜みたいな説明するんですけど、この前、

「ああ!つまりカラオケってことですよね!」

って笑顔で言われまして。
うん、概ねまちがってないんだけどね。
実際カラオケで配信されたら
「イントロ長いと思ってるうちに曲が終わった」ってなるよね。


そんな感じでインストバンドやらせてもらってるんですけど
いいことも色々ありまして。


まず
「逆に歌詞を書かなくてもよい」ってのがあります。
これ読んでる方の中にも、やはり中学2年生くらいの時、
こっそり自作の歌詞(ポエム)を書いてた方がいらっしゃると思います。
ええ、僕は書いてました。
見返すと本気で死にたくなる代物です。
歌詞ってこわい。


つぎに
「海外でもイケる」ってのがあります。
言葉の壁がないからね。
結構問い合わせが多いんです。
CD送ってくれとか。
ラジオで流したいとか。
Youtubeのコメントとか。
ツアーで来てくれとか。
これは嬉しいです。
ナタリー・ポートマンみたいな外人が聴いてるのを想像するだけで、演奏テンポ2倍。
ジャンルでいったらメタルです。
JAZZ? ちょっとよくわからないです。


そして
「曲の解釈が自由」ってのがあります。
歌詞がない=メッセージ性が無い、っていうのは
時に弱さにもなりますが武器にもなります。
よく「風景が見えてくる」とも言われたり。
その時、それぞれの心情が映像化されるって素敵ですよね。

ちなみにPOOL収録のseesawっていう曲があるんですけど、
こないだライブに来てくれた某女子大生の方から

「seesawを聴くと、昼間っから彼氏の家で情事にふけるシーンがうかびます!うふふ☆」

的なことを言われて凄くドキドキしました。
完全に斜め上のイマジネーション。
女子大生っていいなあって思いました。

余談ですが、seesawは片思い→玉砕した時に作った曲なので、
正しくは「情事まで至っていない」のが逆に味わい深いですね。
恋なんていわばエゴとエゴのシーソーゲームだよね。

みなさんは僕らの曲を聴いて、
どんな風景が思い浮かびますでしょうか。
ぼくは主に女子大生しか思い浮かびません。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toconoma

Author:toconoma
toconoma official site
(Pf.)西川隆太郎
(Dr.)清水郁哉
(Ba.)矢向怜
(Gt.)石橋光太郎

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。