スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「例のプール」って知ってる?

お久しぶりです。ギターの石橋です。


前回の更新からはや8ヶ月…すでに夏も陰りが見えてきました。
その間書く事は色々あったのですが、
やることがありすぎてついブログを放置してしまいました。
放置プレイが好きな方はゾクゾクしていたことでしょう。



さて8/7に発売されましたtoconomaファーストアルバムPOOL!

414ofeaJ9TL.jpg



おかげさまでかなり好評のようです。

タワレコ、ヴィレヴァン両方のバイヤーイチオシに選抜していただき、
沢山の方に聴いて頂けているそうです。
本当に感謝です。圧倒的感謝です。

両店舗とも思い出深いお店なので、感慨もひとしお。


高校生の時、バンプオブチキンの新譜を買いに渋谷タワレコまでいきました。
試聴機で泣きながら天体観測を聴いた17歳の春。
童貞を失った次の日に彼女の浮気発覚という
ウルトラハードでギリギリチョップな状況を笑って話せるようになったのは、
紛れも無く音楽の力そのものだと思います。
午前二時じゃなく、昼間の踏切に飛び込まないでよかったぜ。


誰もがそんな経験をしている訳じゃありませんが、
音楽は時に救いになります。

お腹もふくれず、お金にもならず。
でもそれは、楽しかったりしんどかったりする毎日に
そっと寄り添える力があると思います。
「あのころ」聴いていた曲を流せば、
当時の空気が蘇るように。


あれから10数年。
今度は僕らの奏でる音楽が
誰かの人生をちょっとだけ彩るかもしれません。
最高に幸せな事です。




というわけでこの作品を





全ての童貞に捧ぐ!!





cbdea7747c48691f833c34e9600cc980_400.jpg

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

紅白が終わってから、
ゆく年くる年に切り替わるあの瞬間がたまらない。

さてはて

ブログ放置しすぎました。
でも放置プレイ、嫌いじゃないんだろう?

というわけで最近はもっぱらスタジオにこもって
初アルバム収録曲を煮詰めております。
ライブでおなじみのあの曲から
踊らずにいられない新曲まで…
たぶん9曲ほど!
春にはなんとか発売したいところです。

そんなこんなで今年もあげぽよな感じで頑張って行きたいみたいな。
フェスとか外でたくさんやれたらいいなー。
ほんでみんな踊らせて笑顔にできればいいな、と。

良い年になりますように。


toconoma一同

あなたと繋がりたい(切実)

夏が去りました。
寝心地がよくなって、長袖を引っ張り出して。
これから人肌が恋しくなる季節ですね。
はい、石橋です。担当パートはアンニュイです。
ってやかましいわ。


さて来週末は記念すべき2回目を迎えるビッグジョイントです。
詳細はこちらから!
http://bigjoint.jp/

仕掛人、実はピアノの西川(ドヤァ)だったりします。

バンド同士が最初と最後の曲をセッションしながら交代します。
ステージに並ぶ2つのバンドセットはなかなか見応えがあります。
ありそうで無かったこのイベント。
全バンド音を繋いでいくのはわりかし壮観です。
DA PAMPかっていうくらいWe can't stop music!
ってやかましいわ。

このセッションが見所でもあり、演奏する側も楽しみだったりします。
事前の準備は大変なんですが…
新しい人と音を出すのは新鮮でスリリング。
トコノマは某ファンクバンドと、某女性ボーカルに絡んでみたいと思います。
「あら床上手ね」と言われるように精進したいものです。
ってやかましいわ。

toconomaも新体制になって大分落ち着きました。
怒濤のライブスケジュールを経て、
バンドの音も、安定して説得力が増してきました。
自分でいうのもなんだけど。
まあ、楽しいもんです。
好きなものこそ上手なれ、じゃなくて
上手にできるから好きになっていくんだな。
セクロスに関してはあてはまらないけど。
ってやかましいわ。



全然関係ないですけど、
「鈴木先生」っていう漫画、ご存知でしょうか。


51LLoW3FYZL.jpg


ひさびさ全巻一気読みしたんですが、やっぱりめちゃくちゃ面白い。
中学教師が主人公の漫画です。
圧倒的な考察と文字量が半端無い。
演出も描き込みも真面目にアツ過ぎて、逆に笑えます。
そのへん演出過多は狙ってるっぽいですけど。

img_1514708_62582279_2.jpeg


※職員室での会話シーン。



濃い。

濃過ぎる。



こんなに濃いのは天下一品を食べた以来です。
もはやギャグ漫画と言っても差し支えはないでしょう。


しかし!
取り扱うテーマはヘビーです。礼儀作法から選挙、心の機微から中学生のセックスまで。
正直大人でも回答に困る難しい問題が山盛り。
日々の暮らしでたまーに感じる、やましい気持ちや、すっきりしない気持ち。
納得いかない、気づかないふりして、面倒くさくて流している問題あれこれ。
モチーフが中学生なだけに(彼らは受け流す技術が無いので)
生々しい感情を伴って紙面に立ち昇ります。

そしてそこで提示される圧倒的な考察。
正直ハッとさせられます。
ただし、あくまで考察、ひとつの見方。
作中で「物事を判断すること」について多く語られますが、
作品自体、読者に考え、判断するきっかけを投じている気がします。
そのプロセスが暑苦しく、本気かつ説得力があるためエンターテイメントに仕上っている奇跡。
クソ真面目なんだけど、めちゃくちゃ面白いってのはすごいと思う。
この漫画自体が、ある種大人の為の教科書だと言ってよいのではないでしょうか。

特に響いたのが、様々なテーマから共通して語られる
「他者というあなた」とどう繋がっていくか。

生きて行く以上、他者との関わりは避けられません。
なかなか思い通りにいかないもんです。
人の気持ちを変えるのは本当に難しい。

だから
人の気持ちを考えつつ
(時にはあえて考えず)
なんとかできる自分の気持ちを変えていければな、と。
もちろん良い方向に。

さらに中学生たちの成長を際立たせるため、
大人達の振る舞いが「子供っぽく」描かれるという…
それが身におぼえがあったり、「うわーこういうやついるー…」みたいな痛さを醸していて
考えるためのスパイスになっている、という辛めの味付け。

長文失敬。
興味ある方、是非ご一読を。
疲れますが、読んで後悔はないと思います。

suzukisensei_review_05-1.jpg



でも一番面白かったのは
中2の女子に先生がモヤモヤするところなんですけど。
あの娘とビックジョイントしたい!
ってやかましいわ。


深夜特急(格安割引)

おつかれサマーナイトです。
腰が壊れかけの石橋レディオです。
思春期に少年から大人へ変わる痛みですかね。
むしろ老人になりつつありますがね。
ぎっくり腰にはきをつけましょう。




寝たきりだったけど新島楽しかった。
やっぱり旅はいい。場所が変わるだけでなんで楽しいのか。
一人旅もいいけど、皆で旅するワクワク感は異常。

で、旅と言えば

高校生の時に「深夜特急」という本と出会った。
沢木耕太郎著、バックパッカーのバイブルと呼ばれた紀行文。
猿岩石ユーラシア大陸横断の元ネタになった本だ。
バスを乗り継いで香港からロンドンへ。著者26歳の一人旅。

10000090564.jpg


結論から言うと自分の人生にかなりの影響を与えた本だったりする。
バックパッカーにはならなかったけども。

17歳当時、高校の図書室で物色中、装丁に惹かれて手を取った。
読後は、人並みに旅がしたいなー程度の感想だった気がする。

が、大学時代にあらためて読んでみて驚いた。
自分の思考というか、「物事のおもしろがり方」が著者とほぼ同じなのだ。
知らぬ間に大きな影響を与えられていたらしい。
つまらなき世の中をおもしろく、じゃないが、
日々遭遇するアレコレをいちいち楽しめたら、得な人生な気もする。
「おもしろがり方」とはつまり「物事を見る視点」ということだ。
トラブルや、退屈だったり、腹ただしいことを、
別の角度でとらえるてみる。
こう考えれば、それも悪くないじゃない、と。
ポジティブ野郎みたいで気持ち悪いが、
気味悪がられた事はないので、いまのとこ大丈夫だとは思う。

沢木耕太郎、その視点転換の鮮やかさ。
ある種の危うさもあるのだけど。
読んだ当時、10代なりに感じていた鬱憤を解消する手段を
無意識に取り込んだのか、と今になってふと思った。
いつか会ってお礼を言いたい気がする。

もう1つ大きな影響を受けたのは、その装丁だ。
船や汽車が、大胆な構図でグラフィカルに描かれている。
文庫本にありがちな、しみったれたデザインとはひと味違う装丁。
初めて「デザイン」を意識した瞬間だった気がする。
これは他とちがう、カッコイイぞ、と。

その後進路を決めるにあたり、
美術という進路を意識するきっかけになったと思う。
カッコイイ仕事がしたかった18歳の冬。

ちなみに装丁の絵は、カッサンドルという巨匠のポスター。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アドルフ・ムーロン・カッサンドル

社会人になって、初任給でそのレプリカポスターを買った。
初心忘れるべからず。
カッコイイ仕事ができてるか、と。


そんなこんなで、

この腰の痛みも
考え方を変えれば、
案外悪くないてててててててててててててててて

いてえええええええええええええ!
腰がいてえええええええええええええ!
ITEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!
はい無理!無理でーす。痛いものは痛いでーす。
会社休みたいでーす。温泉入りたいでーす。


うん、上に書いたのやっぱ無し!

じゃあの!





夏休みのわくわく感は異常

寒いですけど夏ですね。
急激な温度変化に耐え切れず、風邪になりました石橋(Gt)です。
ブログ放置プレイでした。
でも気持ちよかったんだろう?

さてご周知のとおり8/11-12で新島トコナッツが開催されます。
詳しくはホームページみてね。


10代までのある期間だけキャッチできる、
夏が来たときのあの期待感。
大気が濃くなったような、
眼に入る全てが鮮やかで、
物事の輪郭がクッキリしてくるような、
何かが始まりそうな予感。

そんな夏のはじまりを、
20代最後の年に感じられるように画策しました。
ものすごくまったりとしたイベントですが、
これぞ夏!を感じられれば最高かと。
楽しみですね。
なんだかぞくぞくしてきますね。
風邪のせいですかね。

皆様ふるってご参加下さい。




この時期になると井上陽水の少年時代聴きたくなりますね。

朝顔の鉢とか体操着とか、荷物満載で帰る終業式。
ラジオ体操がはじまる、朝のにおい。
オーマイコンブ観てそうめん食べて、
プールから帰ったら、クーラー効いた今で昼寝して。
夕方からカブトムシ取りに行ったり。
段ボール集めて秘密基地作ったり。
たまんねえな。

中学生になったら、男女グループでお祭り行って。
好きだったあの子は元気だろうか。
部活帰りにコーラ飲んだり。
夜の公園でロケット花火打ちまくったり。
夏色だな。


体調悪いとセンチメンタルになりますね。
早いとこ治して、長い長い下り坂をブレーキいっぱい握りしめてゆっくりゆっくり下りたいものです。

今乗ってる自転車は一人乗りしか出来ないけども!





夏が過ぎ風邪あざみ…


プロフィール

toconoma

Author:toconoma
toconoma official site
(Pf.)西川隆太郎
(Dr.)清水郁哉
(Ba.)矢向怜
(Gt.)石橋光太郎

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。